概要

東京海上日動教育振興基金からのご挨拶

当財団は、青少年の教育に関して貢献する事を目的に、1984年8月1日(昭和59年)、旧日動火災の資金援助により設立された財団法人です。

日動火災が2004年10月1日付で東京海上と合併したことに合わせ、財団の名称を日動火災教育振興基金から東京海上日動教育振興基金へと変更いたしました。また、平成20年12月に施行された新しい公益法人制度に対応して、平成21年10月1日付けで「公益財団法人」の認定を取得しました。

今後とも設立の目的に沿って積極的に教育振興の事業を進めてまいります。

事業の目的

  • (1)青少年を育成する教員の行う各種教育研究に対する助成
  • (2)交通遺児となり経済的困難に直面している児童生徒に対する助成

東京海上日動教育振興基金の歩み

昭和59年1月日動火災の創業70周年を記念し財団設立を発起。
同年8月1日基本金1億円を出捐し財団発足。
昭和60年8月試験研究法人(公益の増進に著しく寄与する法人)として認可。
以後「公益財団法人」への移行認定を受けるまで継続して「特定公益増進法人」の認定を受ける。
平成16年10月財団名称を変更(日動火災と東京海上との合併に合わせた)。
平成21年10月「公益財団法人」への移行登記。

平成29年3月末 正味財産:1,088百万円

主務官庁 内閣府 公益認定等委員会

ページのトップへ